きれいな肌に感動

女医

きれいに除去できコンプレックスから解放

いぼにはいろいろな種類があり、同時にさまざまな切除方法が存在しています。最も多いと言われているのが首のいぼで、老化によって発病するケースが多いでしょう。アンチエイジングのために除去する人が多く、首にできるものはアクロコルドンやスキンダックなどがあげられます。アクロコルドンは3mm以下の平らな形状で、肌の色に近いので発見しにくいかもしれません。衣服によって傷付けてしまうこともあり、痒みが出て症状を悪化させることもあります。そのまま放置しておくと増えてしまうこともあるので注意が必要です。特に女性を中心に肥満の人に発病が多いと言われています。切除する方法としては簡単で、ハサミで行うことができ痛みが少ないので麻酔も不要です。大きくなると冷凍療法を使ってピンセットや綿棒などでも除去することが可能です。スキンダッグの場合、汗をかく部位に多く発生する傾向があり、色の濃いものができます。先端が平らではないのでほくろと勘違いすることもあるので、医師の元できれいに除去することをおすすめします。ハサミできれいにカットすることができますが、大きいサイズは炭酸ガスなどを使った冷凍療法が最適です。炭酸ガスを利用した治療方法は出血が少なく、傷痕もきれいなので顔への治療としてはおすすめです。冷凍療法には液体窒素を使う方法もあり、健康保険適用で受診することができます。施術した後、お肌のターンオーバーを促進する軟膏などを処方してくれるでしょう。肌の乾燥を予防する保湿クリームももらうことができるので、アフターケアも万全です。
いぼ切除を皮膚科で受診するのか美容整形で受診するのかによって方法が異なります。皮膚科で除去するメリットとして、保険診療内において利用することが可能です。液体窒素を使った施術が多く、費用が安価で高い信頼性が特徴です。皮膚の深くまである場合、何度か液体窒素を付着させながら行います。他の部位への感染を予防することができ、安心・安全性が保障されています。液体窒素を使用した後、医療用ハサミやメスなどを使って残っている患部をきれいに除去するので傷痕は目立ちません。グルタルアルデヒドという療法の場合、これは皮膚組織を剥離する消毒液を使って除去すること可能です。患部のサイズによってメスを使う施術になることもあるでしょう。美容整形科における施術に関して、機材を使った方法が採用されています。例えば電気焼灼法の場合、電気メスを使って5mm以下の患部を焼失することが可能です。焼失させる方法になるので皮膚を切開しなくてもよく、傷痕もそれほど目立ちません。切開方法が最適だと判断された場合、電気メスを使って皮膚の切開を行うことが可能です。電気メスを利用すると出血がそれほどなく、短時間で施術することができダウンタイムも短いです。レーザー療法による方法も人気があり、ウイルス性はもちろん老化で現れたものもきれいに除去することができます。美容整形では代表的な施術で、レーザーの出力をアレンジすることによって敏感肌の人も利用することが可能です。いぼ切除体制が整っているので、幅広い世代の人が利用しています。

Copyright© 2019 事前に確認すべきこととはどんなことなのか All Rights Reserved.